FC2ブログ

禁断の体験・なんで息子と妻がベットに?・近親相姦の始まり~第1話~

禁断の体験・なんで息子と妻がベットに?・・・近親相姦の始まり~第1話~

あの悪夢を見たのは半年くらいの前のことだった。
私は54歳になるサラリーマンですが、早期退職勧告を受け、
会社を辞めようかどうか悩んでいる時に、悪夢は続くもので
ある日、会社を早退し家に帰ってきたっ時のことです。
気持ち的にも晴れず、家で横になろうと思い帰ってきたのですが
なんか2階の息子の部屋で喘ぎ声みたいな声が玄関を入るなり
聞こえてくるのです。その声は確かに聞いたことのある喘ぎ声で
えっ、まさか!と思いつつ2階の息子の部屋を気付かれないように
覗くと、なんと妻が息子に馬乗りになり、腰を振っているでは
ありませんか。私は夢かと思いほっぺたをつねったが、現実でした。

息子は22歳で大学4年生で就職も決まり、アルバイトに励んでいると
ばかり思っていました。いつから妻と・・・と考えながら、覗いていると
「ああっ、いいっ、良太いいわ~っ、すごいわっ」
「母さん、気持ちいいよ、すごくいいよっ、大好きだよっ」
私の妻は私と8歳離れていて、まだ46歳。セックスをしようと思えば
まだいくらでもできるのですが、肝心な私は会社のことで頭がいっぱいで
もう1年以上セックスはしていません。前にも一度、夜中に横の布団の中で
オナニーをしているのを見かけたことがあります。
私も気付いてないふりをしていたのですが、やはり溜まっているのでしょう。
でもなぜ息子と関係を持っているか、そのきっかけはわかりません。

そして2人ともはてる前に私はそっとドアを閉め、1人家を出ていきました。
行くあてもなく、リストラと近親相姦のことで頭がいっぱいになり、
今にも爆発しそうなくらいでした。

夕方家に戻ると、妻と息子は何事もなかったように、夕食の準備や
息子は自分の部屋にいました。
そして息子がアルバイトに出かけると、私は妻に聞いてみました。
「おまえ良太と変な関係じゃないか?」
「えっ、何を言ってるの、意味がわからないわ」
「とぼけるなっ、見たんだよ、良太とお前がセックスしてるのを」
「い、いつ見たの?」
「今日の昼間だよ」
「・・・・・・」
妻はそれ以上何も言えなくなって黙っていました。

「いつからなんだ?」
「じゃ言うわ、もう1年以上よ。良太から犯されたの」
「ほ、ほんとか?でもなんで1年以上も・・・」
「そ、それは、あなたが・・・・・」
私は妻を後ろから抱き、スカートをまくりあげ、
「あっ、いや、やめて」
「こんなことしてるんだろ、昼間から」
「だめ、だめよ」
「良太ならいいのか、どうなんだ、言ってみろよ」
「だめ、いや~ん、あっ、ああっ」
私は妻のパンティーを下げ、お尻からおまんにかけて
顔をうずめ、そして足を台の上に載せ、クリトリスを思いっきり
舐めると、妻は
「ああっ、いや~、も、もうやめて~、あっ、あっ、だめ~」
「気持ちいいんだろ、感じてるんだろ」
「あっ、だめよ、あ~っ、か、かんじる~っ」

そして私は妻のおまんこめがけて、久しぶりに勃起したペニスを
突っ込んだ。
「ああーっ、いやっ、ああーっ、いい、いいっ、ああっ」
「気持ちいいのか、そんな良太がいいのか」
私は無我夢中で腰をふり、妻のおまんこの中に、精液すべてを
発射した。

妻は泣きながら、寝室のほうへと走っていった。
久しぶりにエッチをしたという満足感とちょっと無理やりだったかなと
思いながらも、私はビールを取り出し飲み始めた。
でもこれが近親相姦と家庭崩壊の始まりになろうとは思ってもみませんでした。


続きはこちらから

禁断の体験・なんで息子と妻がベットに?・近親相姦の始まり~第1話~
禁断の体験・息子に妻を寝取られた・近親相姦の始まり~第2話~

禁断の体験告白・目次ページへ


近親相姦 | | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 禁断の体験告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    ライブ